TEL

緊張型頭痛 | 埼玉県入間市のカイロプラクティック(ゆがみの施術)専門整骨院 おさかべ整骨院

緊張型頭痛

頭痛



上記のようなお悩みを抱えられている方はぜひ当院にご相談下さい。頭痛やめまいは常習化するケースが多く、多くの方が頭痛薬を飲んで痛みを耐えしのいでおります。しっかり施術を受ければ痛みが解消されるケースがほとんどであります。特に以下で説明させて頂く一次性頭痛でありましたら痛みの原因となっている筋肉・骨格のバランスを整えることで頭痛・めまいを改善することが可能です。

頭痛の種類について

緊張性頭痛

緊張型頭痛は鈍い痛み(鈍痛)であることが多いです。首の付け根から首全体、さらに後頭部にかけて全体的に硬く、重い感覚が特徴です。
肩こりがひどくなると頭痛がしてくるという人の場合、緊張型頭痛の可能性があります。
長時間の座位(コンピューター作業、車の運転など)などで肩こりが悪化し、その後、頭痛が現れてくるというパターンです。
また、精神的なストレスも緊張型頭痛の原因になります。精神的ストレスにより 首のこわばり/緊張を悪化させ頭痛を引き起こします(精神的ストレスは首周辺の緊張感を引き起こしやすいです)。
長時間、同じ姿勢を取らずに数時間(できれば1時間毎)に1回は胸や首のストレッチを行うようにします。また、心のストレスを解消させることが症状改善につながります。
又、第1頸椎・第2頸椎がゆがむと胸鎖乳突筋に負担がかかり緊張して固まり、胸鎖乳突筋の内側を通る内頸静脈が圧迫され血流が悪くなります。脳へ流れ込んだ血液は内頸静脈を通って心臓へ帰るため、脳内部の血管内圧が高まり、心臓から血液が脳に送られてくるたびにズキズキとした拍動性の頭痛が引き起こされます。

頚性頭痛

頚性頭痛の症状は鈍痛から鋭い痛み、吐き気を伴うことまで様々です。また、頚神経が影響を受けている場合、三叉神経痛に似たような症状(鋭い眼底痛や顔面痛)が現れることもあります。
頚性頭痛とは、頚椎がずれること(サブラクセーション)に起因する頭痛のことです。頚椎のサブラクセーションによって生じる異常には以下のようなものがあります。

関節軟骨、関節包、神経が刺激されることで、頭部に関連痛を引き起こします。

三叉神経痛

三叉神経痛は頭痛だけでなく、頭部から顔面全体に及びます。
眉毛のあたりに痛みが出たり、虫歯ではないのに奥歯がズキズキするような痛みが出ることもあります。
また、三叉神経痛の特徴的な症状には、眼の奥の痛み(眼底痛)があります。
三叉神経は脳神経の一つで(第五脳神経)、名前の通り三つの枝に分かれており、それぞれ眼神経、上顎神経、下顎神経と呼ばれています。三叉神経痛では顔面の各領域に痛みが現れます。
比較的多いと思われるのが、頚椎のずれ(サブラクセーション)です。特に上部頚椎(環椎、軸椎、第3頚椎)にサブラクセーションがある場合、三叉神経痛を引き起こすことがあります。
これは、上部頚神経(第一〜第三頚神経)と三叉神経の間に解剖学的な連携があるために起こります。サブラクセーションによって上部頚神経に物理的な負荷が加わると、その刺激が三叉神経に伝達されてしまうことがあり、そのため三叉神経痛が引き起こされます。

頭痛の改善法

特に頚椎の調整と首周辺の筋膜リリースによって、非常に効果的に改善が可能です。
緊張型頭痛の場合は特に後頭三角(上頭斜筋、下頭斜筋、後頭下筋)、僧帽筋や胸鎖乳突筋、斜角筋などの癒着を改善(筋膜リリース)することが重要です。
頚性頭痛と三叉神経痛の場合は上部頚椎のサブラクセーションを調整することで症状の改善に期待できます。

まず、正確な触診と細かい検査により、関節・軟部組織・神経のどこに問題があるか確認します。
原因を確認後、それぞれに対応する施術法にて問題のある部位を丁寧に調整していきます。
関節に対しては、ズレて固まり動かなくなった関節を揺するように優しくゆっくり動かします。(アジャストメント)
筋肉・靭帯・腱・関節包など軟部組織に対しては、癒着して固まった部位を動かないように指でピンポイントで固定し、ゆっくりストレッチします。(筋膜リリース)
神経に対しては、関節や筋肉により圧迫されている部位を広げる方向に指で固定し、神経を非常にゆっくりとスライドさせます。(神経モビリゼーション)
ボキボキ捻ったり、グイグイ揉んだりはしませんのでご安心ください。